ボドゲ【ルール解説】

【ルール解説】カルカソンヌ

◆用具

■地形タイル:72枚
■ミープル(コマ):一人8個
■得点ボード:1枚を全プレイヤーで共有

◆準備

①裏面の色が濃いスタートタイルのみ表にする。
②残りのタイルを裏面にして山札を何個か作る
③自分の色のミープルを決めて1つを得点ボードに。手持ちは7個。

◆ゲームの流れ

【各プレイヤーは①~③を山札が無くなるまで順番に繰り返す】
①地形タイルの配置
 ・すでに配置済みのタイルと絵柄が繋がるように配置する。※万が一、どこにも置けない時はそのタイルをゲームから除外して引き直す。

②ミープルの配置
 ・手持ちのミープル1個を①で引いた地形タイルに置いても良い
 ・地形タイルは都市、道、草原、修道院の複数の要素で構成されているので、そのうちのどこに置いたか分かるように置く。※草原に置く時はミープルを寝かせて置く。
 ・繋がっている都市、道、草原の上にすでに他のミープルがある場合は、新たにミープルを置く事はできない。※タイルを置く事で、元々は繋がっていなかった都市、道、草原が繋がり、繋がった都市、道、草原に複数のミープルが存在する事は問題無い。

③得点計算
 ・タイル配置で都市、道、修道院が完成した場合、完成(後述)した都市、道、修道院に置かれていたミープルは所有者の手元に戻る
 ・完成した道、都市に複数のミープルがある場合、その道や都市に自分のミープルを一番多く配置した人だけが得点(後述)を得られる。※該当する人が複数いる場合は該当者全員が得点を得られる。

◆道、都市、修道院の完成の定義

【道の完成】
・繋がっている道の両端が、交差点、都市、修道院のいずれかと繋がる。
・繋がった道が環状になる(端と端が繋がり一回りする)。

【都市の完成】
・都市の城壁が全て繋がり、その内部に空白部が無い状態。

【修道院の完成】
・修道院の周り全て(上下左右斜めの計8枚のタイル)が囲まれている状態。

得点計算

・得点計算は道、都市、修道院の完成時と、ゲーム終了時(山札が無くなった時)に行う。
・繋がっている道、都市、修道院、草原の上に複数のミープルがある場合は、いずれの得点計算時でも得点を獲得できるのは、対象の道、都市、修道院、草原に最も多くのミープルを置いているプレイヤーのみ(同数の場合も得点を獲得可能)。
・獲得した総得点が最も高いプレイヤーが勝利。

【都市】
▼完成している場合

・繋がった都市を構成するタイルの枚数×2点
・繋がった都市を構成するタイルに含まれる紋章の数×2点

▼完成していない場合
・繋がった都市を構成するタイルの枚数×1点
・繋がった都市を構成するタイルに含まれる紋章の数×1点

【修道院】
▼完成、未完成共通

・修道院の周囲(前後左右斜め)に配置されたタイルの枚数×1点
・修道院自体のタイル1点
※完成すると9点

【道】
▼完成、未完成共通

・繋がった道を構成するタイルの枚数×1点

【草原】
・繋がっている草原に面する完成している都市の数×3点
※都市毎に得点計算するのではなく、分割された草原毎に得点計算する(一つの都市が複数の草原でそれぞれ得点となる事もある)。

地形タイルの種類

YouTubeで解説動画も配信

▼カルカソンヌの世界観や小ネタを交えたハイテンションな動画を見たい方はこちら
http://youtu.be/BrD4vzJIIdk

▼ルールやゲームのコツだけさくっと確認したい方はこちら
http://youtu.be/Qak5JwzN8Mw

▼カルカソンヌの購入はこちらから

投稿者

reta0111@yahoo.co.jp
自称ボドゲ宣教師見習いLv1。ボドゲやその他ゲーム等について、それっぽいことをかってにいってる人。現在ユーチュバーになるため勉強中。根拠の無い自信と野心を胸に秘めていたりいなかったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です