ボドゲ【ルール解説】

【ルール解説】AZUL(アズール)

◆世界観

 ポルトガルのとある王様が、スペインのとある宮殿を訪れ、その宮殿の壁のあまりの美しさに心底魅了されたそうな。王様はすぐさまスペインに戻り、タイル職人達にポルトガルの宮殿もスペインの宮殿のように美しいタイルで装飾するように命が下った。果たして、天下一の壁装飾職人の座は誰の手に・・・。

◆コンポーネント

タイル:5色(各20個)
工房展示ボード:9枚
得点マーカー:4個
先手プレイヤーマーカー:1個
プレイヤーボード:4枚
袋:1個

◆ゲームの目的

・ゲーム終了時に最も多くの勝利点を獲得する。
・宮殿の壁を模したプレイヤーボードにタイルで装飾を行う事で、勝利点を獲得する。

◆ゲームの準備

・各プレイヤーはプレイヤーボードを1枚ずつ受け取り、得点マーカーを得点表の0の箇所に配置する。
・袋に全てのタイルを入れてよく混ぜる。
・プレイ人数に応じた工房展示ボードを用意する。
 2人プレイ:展示ボード5枚
 3人プレイ:展示ボード7枚
 4人プレイ:展示ボード9枚

◆ゲームの流れ

・ゲームは以下の流れで構成されるラウンドを複数回繰り返す。
①タイルの取得・配置
②壁の装飾(得点計算)
③次のラウンドの準備

◆タイルの取得・配置

図1

【タイルの補充】
・ラウンド開始時に、袋からランダムに4つずつタイルを取り出し、各展示ボードに補充する。(図1参照)

図2

【タイルの取得】
・手番のプレイヤーは以下のいずれかの方法でタイルを取得する。
 ①いずれか1枚の展示ボードから同じ色のタイル全てを取得し、残りのタイルを展示ボード外へ移動する。
 ②展示ボード外にあるタイルから同じ色のタイル全てを取得する。

・図1の状態から①の方法で左上の展示ボードから水色(模様入り)のタイルを取得した場合、残った黄色のタイルは図2のように展示ボード外へ移動する。
・各ラウンドで一番最初に②の方法でタイルを取得したプレイヤーは、同時に先手プレイヤーマーカーを取得し、次回のラウンドで一番最初に手番を行う事ができる。

図3

【タイルの配置】
・取得したタイルは図3のように、階段状の5列の配置スペースから、いずれか一列を選択してまとめて配置する。
⇒なるべく多くの列をタイルで埋め切る事で、高得点に繋がり易い。

【タイル配置時の注意点】
・複数個のタイルを別の列に分けて配置する事はできない。
・取得したタイルの個数が選択した列の配置可能数を超える場合は、床ラインと呼ばれるマイナス点ゾーンにタイルを左詰めで配置しなければならない。
・タイルが溢れないように配置できる時でも、あえて溢れさせて配置したり、全て床ラインに配置しても良い。
・すでにタイルが配置されている列に、配置されているタイルと色違いのタイルを配置する事はできない。

図4

【2ラウンド目以降のタイル配置時の注意点】
・2ラウンド目以降は図4のように、壁(プレイヤーボードの右側)にタイルが置かれている場合があるが、壁に置かれているタイルと同じ色のタイルを同じ列に配置する事はできない。
・図4の場合は一番上の列には赤と水色のタイルは配置できない。

【手番の交代】
・手番のプレイヤーがタイルの取得とタイルの配置を行ったら、時計周りで次のプレイヤーの手番となる。
・展示ボード上のタイルと展示ボード外のタイルが全て無くなるまで手番を交代しながらゲームを進行する。

◆壁の装飾(得点計算)

図5
図6

【壁の装飾】
・ゲームが進行し、展示ボード上のタイルと展示ボード外のタイルが全て無くなったら、各プレイヤー毎に壁の装飾を行う。
・プレイヤーボードに配置した列のうち、列がタイルで埋め尽くされた列のみ、右端のタイルを壁の対応する色の上に移動させる。
・図5の場合は移動後は図6の状態となる。
・なお、壁へのタイルの移動は必ず上の列(タイルの最大配置数が少ない列)から行う。※列の移動の順番が変わると点数が変わってしまう。
・タイルを壁に移動させた列で残ったタイルは、一旦ゲームから除外する。
・タイルを壁に移動させなかった列で残ったタイルは、次のラウンド開始時にその状態からスタートする。
・図6の場合は、上から2~4列目で残っている赤と水色のタイルは一旦ゲームから除外され、黒のタイルは次のラウンドに持ち越される。

図7
図8
図9

【タイル移動時の得点計算】
・得点計算は壁の装飾によってタイルを移動させる度に行う。
・得点はプレイヤーボード上で得点マーカーを動かして記録する。

【移動したタイルの上下左右にタイルが1つも無い場合】
・タイル1個を移動した時に1点を獲得。

【移動したタイルの左右だけにタイルがある場合】
・横一列に連続して並んでいるタイルの数と同じ点数を獲得。
・図7の場合は3点を獲得。

【移動したタイルの上下だけにタイルがある場合】
・縦一列に連続して並んでいるタイルの数と同じ点数を獲得。
・図8の場合は3点を獲得。

【移動したタイルの上下と左右にタイルがある場合】
・横一列に連続して並んでいるタイルの数と、縦一列に連続して並んでいるタイルの数の合計数と同じ得点を獲得。
・図9の場合は3+4=7点を獲得。

図10

【床ラインの減点】
・全ての列のタイルを移動終了後に、床ラインのタイルの減点を行う。
・図10のように、床ラインに置かれているタイルの上に記載されている点数が現在の点数から減点される。
・図10の場合は合計で-8点となる。

◆次のラウンドの準備

【タイルの補充】
・袋からランダムに4つずつタイルを取り出し、各展示ボードに補充する。この時、袋が空になった場合は、一旦ゲームから取り除かれたタイルを全て袋に戻して再開する。

◆ゲームの終了

【ゲームの終了条件】
・1名以上が壁の横一列をタイルで埋めたラウンドが終了時にゲーム終了となる。

【ゲーム終了時の追加得点計算】
・壁を横一列に埋めたライン数×2点を獲得。
・壁を縦一列に埋めたライン数×7点を獲得。
・壁に同じ色のタイルを5個配置できた色数×10点を獲得。

◆AZULの購入はこちら

◆AZULの別verが気になる方はこちら

投稿者

reta0111@yahoo.co.jp
自称ボドゲ宣教師見習いLv1。ボドゲやその他ゲーム等について、それっぽいことをかってにいってる人。現在ユーチュバーになるため勉強中。根拠の無い自信と野心を胸に秘めていたりいなかったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です